村上頌樹の年俸推移や成績!2023年契約更改の昇給率がヤバい?

野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

プロ3年目となる2023年シーズンに2桁勝利と大飛躍した阪神タイガースの村上頌樹投手。

岡田監督も驚くほどの活躍ぶりで、阪神タイガースの18年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献しました。

村上頌樹投手の躍進は、1、2年目の年俸推移や成績からもよくわかります。

 

そして、1、2年目からは想像できないほどの活躍となった村上頌樹投手ですが、年俸がどうなるのか気になります。

2023年シーズン終了後の契約更改で、年俸アップすることは間違いないですが、昇給率がヤバいことになりそうです。

最近だと、2022年の契約更改で、湯浅京己投手の昇給率がヤバいことになったのですが、村上頌樹投手も同じくらいになるかもしれません。

 

そこで今回は、『村上頌樹の年俸推移や成績!2023年契約更改の昇給率がヤバい?』と題して、村上頌樹投手の年俸について徹底調査していきます。

村上頌樹投手の家族や実家については、こちらの記事で調べていますので、ぜひチェックしてみてください。

阪神村上頌樹の父母や兄弟など家族構成は?実家は淡路島のどこ?

スポンサーリンク

村上頌樹の年俸推移や成績!

村上頌樹投手は、2020年のドラフト5位で阪神タイガースに入団しました。

そして、3年目となる2023年シーズンに大飛躍し、18年ぶりのリーグ優勝に大貢献しました。

そこでまずは、2021年~2022年の村上頌樹投手の年俸推移や成績を調べてみました。

年俸推移(2021年~2023年)

村上頌樹投手は、2020年のドラフト5位で阪神タイガースに指名され、契約金4,000万円、年俸720万円で入団しました。

なので、2021年の年俸は、720万円ということになります。

 

2021年~2023年の年俸をまとめました。

  • 2021年:720万円
  • 2022年:750万円
  • 2023年:750万円

村上頌樹投手は、1年目の契約更改で30万円アップとなりましたが、2年目の契約更改では現状維持でした。

2年目~3年目は、結果を残せず、悔しいシーズンとなっていたようですね。

成績(2021年~2022年)

村上頌樹投手の1年目(2021年)と2年目(2022年)の1軍での成績を調べてみました。

  • 2021年:2登板0勝1敗 防御率16.88
  • 2022年:登板なし

1年目は、5月30日に初めて1軍での登板機会を得るも、2回3/1、3安打3四球5失点で降板となりました。(チームが逆転し、勝敗つかず)

そして、8月28日に再び1軍で登板しましたが、3回5失点で結果を残せませんでした。

 

しかし、1年目の2021年からファームでは好成績を残しており、2021年は9冠を手にしました。

  • 最優秀防御率(2.23)
  • 最多勝利(10勝)
  • 勝率第一位(.909/10勝1敗)
  • 優秀選手賞
  • 優秀投手賞
  • 新人賞
  • 技能賞
  • ビッグホープ賞
  • 期待賞

そして、2年目の2022年は、最優秀防御率(3.09)、勝率第一位(.700/7勝3敗)の2冠を手にしましたが、1軍昇格はありませんでした。

そのため、2年目の契約更改では、現状維持という結果になりました。

ただ、2年間ファームで着実に実績を重ねていることがよくわかります。

そして、それが3年目の2023年シーズンに実を結んだという形になりましたね!

村上頌樹の2023年契約更改の昇給率がヤバい?

1年目(2021年)に1軍で2登板して以来、1軍昇格がなかった村上頌樹投手ですが、3年目となる2023年シーズンに開幕ローテーション入りし、21登板しました。(登板数は9月20日時点)

そのため、2023年契約更改の昇給率がヤバいことになると推測されています。

そこで、阪神タイガースの他選手の昇給率を参考に、村上頌樹投手の2023年契約更改の年俸(2024年シーズンの年俸)を予想してみました。

年俸予想!

まず、最近の阪神タイガースの選手だと、湯浅京己投手が2022年の契約更改で、昇給率840%という驚愕の数字を叩き出しました。

湯浅京己投手は、年俸500万円から4,200万円アップし、年俸4,700万円となりました。

 

また、佐藤輝明選手や中野拓夢選手、伊藤将司投手も1年目シーズン終了後の契約更改で年俸が大幅にアップしました。

1年目2年目昇給率
佐藤輝明1,600万円4,200万円162.5%
中野拓夢800万円3,700万円362.5%
伊藤将司1,300万円4,400万円238%
昇給率=昇給額÷旧年俸×100

ちなみに、年俸のアップ率に制限はありません。

 

そして、村上頌樹投手も紹介した4選手くらい年俸が大幅にアップする可能性が高そうです。

そこで、それぞれの昇給率で村上頌樹投手の2023年契約更改での年俸を大まかに推測してみました。

村上頌樹投手の2023年シーズンの年俸750万円で計算しています。

  • 840%➡️70,500,000円
  • 362%➡️2,7150,000円
  • 238%➡️17,8500,00円
  • 162%➡️12,1500,00円

2023年の契約更改で、村上頌樹投手の年俸が1,000万円を越えるのは間違いないでしょう。

2023年シーズンの年俸が750万円のため、湯浅京己投手と同じくらいの昇給率か、少なくとも中野拓夢選手の昇給率は越えると推測しています。

ただ、いきなり5,000万円を越えることも考えにくいので、年俸3,000万円~5,000万円あたりになりそうですね。

2023年シーズンの成績は?

2023年9月20日時点での村上頌樹投手の成績はこちらです。

  • 21登板 10勝5敗
  • 防御率1.68
  • 開幕から31イニング連続無失点(60年ぶりにセ・リーグ記録に並ぶ)

村上頌樹投手は、2023年シーズンの最優秀防御率のタイトル獲得がほぼ確実となっています。

防御率2位は、DeNAの東投手で2.17です。

 

また、新人王もほぼ確実、MVPもあるのでは?と言われています。

獲得したタイトルにより、年俸も変わりそうですね。

そして、クライマックスシリーズや日本シリーズでの結果も影響してくるでしょう。

村上頌樹投手は、2023年の契約更改で最も年俸がアップする選手となりそうなので、11月後半~12月の契約更改を楽しみですね!

まとめ

村上頌樹投手は、2023年シーズンに1軍で21登板10勝5敗という好成績を残し、18年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献しました。

入団2年間で、1軍登板は2回しかありませんでしたので、大躍進のシーズンとなりました。

そんな村上頌樹投手の2023年契約更改の昇給率がヤバいことになるかもしれません。

年俸1,000万円以上になることは間違いないですが、3,000万円~5,000万円くらいになると予想しています。

クライマックスシリーズや日本シリーズでの結果、タイトル獲得などで年俸も変わるので、日本一に向けても変わらず好投してほしいですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
野球
ハルログ

コメント