夏の甲子園2024チケット販売はいつから?当日券や値段、日程は?

高校野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

夏の甲子園2024が、8月7日(水)から17日間(休養日3日間含む)開催されます。

毎年熱い戦いが繰り広げられる夏の甲子園ですが、2024年のチケット販売はいつからなのでしょうか?

夏の甲子園のチケットは、対戦カードにより前売り券で完売することもあるため、チケット販売はいつからかおさえておきたいですね!

また、状況によっては当日券の販売もあるため、購入方法などもチェックしてみてください。

 

そして、夏の甲子園2024から数試合において2部制が導入されるため、チケットの扱いや値段に少し変更がありそうです。

チケットの値段や日程も合わせてチェックしてみてください!

 

本記事では以下についてまとめています。

  • 夏の甲子園2024チケット販売はいつから?
  • 夏の甲子園2024の当日券はある?
  • 夏の甲子園2024チケットの値段は?
  • 夏の甲子園2024の日程は?
  • 夏の甲子園2024が雨天中止の場合は?
  • 夏の甲子園2024決勝戦の倍率は?
スポンサーリンク

夏の甲子園2024チケット販売はいつから?

夏の甲子園2024のチケット販売はいつから年かについて、5月26日時点では発表されていません。

発表され次第、情報を更新していきますが、恐らく2023年と大きく変わらないはずです。

そこで、2023年のチケット販売スケジュールから2024年のチケット販売スケジュールを予想してみました。

 

まず、夏の甲子園2024のチケット販売は、1~3回戦と準々決勝以降に分かれるはずです。

また、インターネットでの販売とコンビニでの販売があるため、それぞれ確認してみてください。

1~3回戦:インターネット

夏の甲子園2024チケットのインターネット販売は、7月21日(日)から始まると予想!

夏の甲子園2024の開幕が8月7日(水)、2023年が8月6日(日)でした。

そして、2023年のチケット販売が7月20日(木)から開始していたため、2024年のチケット販売もほとんど同じ時期に開始するのではないでしょうか。

 

残酷ですが、2023年の夏の甲子園のチケット販売は、以下のスケジュールで行われていました。

サイト決済方法販売期間
チケットぴあクレジットカード
即時決済
7月20日(木)10時

試合前日22時まで
チケットぴあコンビニ決済7月20日(木)10時

該当試合1日前の
23時59分まで
ローソンチケット
/あさチケ
クレジットカード
即時決済
7月20日(木)10時

試合前日22時まで
甲チケクレジットカード
即時決済
7月20日(木)10時

当日の最終試合
終了まで

チケット販売開始日は変わるかもしれませんが、開始時間と期限は変わらないのではないでしょうか。

1~3回戦:コンビニ

夏の甲子園2024チケットのコンビニでの販売は、インターネット販売の2日後に開始!

2023年のコンビニでのチケット販売は、インターネット販売の2日後となる7月22日(土)に開始していました。

そのため、夏の甲子園2024でもインターネット販売の2日後(予想では7月23日(火))に開始しそうです。

 

2023年のコンビニでの販売は、このようなスケジュールでした。

コンビニ決済方法販売期間
セブン-イレブンマルチコピー機で購入7月22日(土)10時

試合前日22時まで
ローソン
/ミニストップ
Loppiで購入7月22日(土)10時

試合前日22時まで

コンビニではそれぞれPコード、Lコードが必要となりますが、そちらはわかり次第追記していきます。

準々決勝以降

準々決勝以降のチケットは、試合前日の10時から!

準々決勝以降は前日に休養日が挟まれるため、その日にチケットが販売されます。

 

また、2023年の準々決勝以降のチケット販売は、クレジットカード即時決済のみとなっていました。

恐らく2024年も同様の決済方法となるでしょう。

サイト決済方法販売期間
チケットぴあクレジットカード
即時決済
試合前日
10時~22時まで
ローソンチケット
/あさチケ
クレジットカード
即時決済
試合前日
10時~22時まで
甲チケクレジットカード
即時決済
試合前日10時

当日の最終試合
終了まで

また、準々決勝以降のチケットは、コンビニでの販売がありません。

夏の甲子園2024の当日券はある?

夏の甲子園2024の当日券があるかどうかは、日により変わってきます。

当日券の購入方法は、残席がある場合のみ甲子園の当日券売り場で、購入時間は、該当日の開門時間~当日の最終試合終了までです。

2023年は、決勝戦以外の開門時間は、7時でした。

開門時間は、ホームページでご確認ください。

また、2023年は、当日券がSNSで転売されていたようですが、そこからの購入は不正ですので、甲子園の窓口で正規購入するようにしてくださいね。

 

そして、当日券がある場合、前日にSNSで案内が出ます。

2023年の準決勝や準々決勝は当日券がありました。

そして、当日券が完売した時点で再びSNSに案内が出ます。

夏の甲子園2024チケットの値段は?

夏の甲子園2024の開幕戦から3日間(8月7日~9日)において、午前と夕方に分けて試合を行う2部制が導入されます。

午前の試合終了後に観客も退場となるため、チケットもそれぞれ別に購入することとなります。

そのため、2部制の日と従来通りの日でチケットの値段が異なります。

2部制実施日

2部制を実施する日は、午前と夕方でチケットが別々に販売されます。

午前と夕方のチケット値段は同じです。

座席値段(大人)値段(子ども)
中央指定席2,000円2,000円
内野指定席1,700円500円
アルプス800円800円
外野指定席500円100円

もし、午前も夕方も見たい場合は、どちらのチケットも購入する必要があるためご注意ください。

その他

2部制実施日以外のチケットの値段は、まだ発表されていませんが、恐らく2023年と同じなはずです。

座席値段(大人)値段(子ども)
中央指定席4,200円2,000円
内野指定席3,700円1,200円
アルプス1,400円1,400円
外野指定席700円200円

夏の甲子園2024のチケットの値段が発表され次第、情報は更新していきます。

夏の甲子園2024の日程は?

夏の甲子園2024の日程は、8月7日(水)から17日間です。(3回戦2日目、準々決勝、準決勝各翌日の休養日を含む)

そのため、このような日程になるのではないでしょうか。

日にち
18月7日(水)1回戦
28月8日(木)1回戦
38月9日(金)1回戦
48月10日(土)1回戦
58月11日(日)1回戦
68月12日(月)2回戦
78月13日(火)2回戦
88月14日(水)2回戦
98月15日(木)2回戦
108月16日(金)3回戦
118月17日(土)3回戦
128月18日(日)休養日
138月19日(月)準々決勝
148月20日(火)休養日
158月21日(水)準決勝
168月22日(木)休養日
178月23日(金)決勝戦

雨天順延により日程が変わる場合はありますが、まずはこのような日程が組まれそうです。

また、準決勝は第1試合が8時~、第2試合が10時35分~、決勝戦は10時~の予定となっています。

これまでは午後に開催されていましたが、午前に開催される運びとなるようです。

 

そして、2部制実施日の7日(水)~9日(金)の試合時間はこちらです。

  • 1日目:開会式8時30分~、第1試合10時~〈観客退場〉第2試合16時~、終了後に第3試合
  • 2・3日目:第1試合8時~、終了後に第2試合〈観客退場〉第3試合17時~

最も熱い時間に試合をするのを避けるための処置としてのお試しとなっているようです。

しかし、1日に4試合する日は、第4試合の試合終了が22時などになる可能性があるため、2024年は従来通りの時間での実施となります。

今後、夏の甲子園の試合時間がどうなっていくかにも注目が集まりそうですね。

夏の甲子園2024が雨天中止の場合は?

夏の甲子園2024が雨天中止の場合、何時に発表されるのでしょうか。

また、チケットはどうなるのかについて調べました!

雨天中止は最速で6時に発表!

夏の甲子園が残念ながら雨天中止となった場合、最速で午前6時に発表されます。

雨天中止かどうかは、ホームページやSNSで確認できます。

チケットはどうなる?

夏の甲子園2024が雨天中止の場合、チケットの払い戻しがある場合とない場合は、以下になります。

払い戻しあり

  • 第1日目:開会式が雨天中止の場合
  • 第2日目以降:予定されていた全ての試合が雨天中止の場合
  • 第2日目以降:最初の試合が雨天等で勝敗が決定せず、以降の試合も中止の場合
  • 雨天順延などで試合予定日が急遽休養日となった場合

払い戻しなし

  • 第1日目の開会式終了後、第1試合以降が雨天中止となった場合
  • 第2日目以降:1試合でも勝敗が決定した後、以降の試合が雨天中止の場合
  • 雨天順延などで当初予定の試合と異なる試合になっても、一度購入したチケットの払い戻しはなし

払い戻しの方法は、入場券の購入(発券)店舗で行います。

試合中止の翌日午前10時から2週間以内で、払い戻しの開始時間は店舗により異なります。

また、甲チケは払い戻し方法が異なるので、別途販売サイトをご確認ください。

夏の甲子園2024決勝戦の倍率は?

夏の甲子園2024決勝戦の倍率ですが、正確な数字はわかりません。

しかし、2023年の決勝戦のチケットは、販売開始時間からアクセス集中によりサイトに繋がりにくくなり、1時間で完売しました。

夏の甲子園の決勝戦の観客数は、大会最多となる4万2100人だったので、やはり決勝戦の人気の高さが伺えますね。

2023年の決勝カードは、慶応vs仙台育英なので、出場校が甲子園から遠くても人気に変わりはなさそうです。

そのため、夏の甲子園2024決勝のチケット倍率も相当高く、チケットは1時間ほどで完売するのではないでしょうか。

 

アクセスが殺到するため、サイトにアクセスできるかは運の要素もありますが、まずは決勝戦のチケット販売開始時間にはチケットサイトを開いておきたいですね!

また、事前に会員登録が必要な場合があるので、済ませておいてくださいね。

まとめ

夏の甲子園2024のチケット販売は、7月21日頃から始まると予想しました。

当日券があるかどうかは対戦カードなどにもよるため、SNSなどをぜひチェックしてみてくださいね!

また、夏の甲子園2024から2部制が導入されますので、特にチケットを購入する際はご注意ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
高校野球

コメント