プロ野球パ・リーグが平日デーゲームの理由は何?気温や子どものため?

野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2023年のプロ野球が始まり1週間が経とうとしています。

開幕戦から熱い戦いが繰り広げられており、野球ファンにとって楽しい日々が始まった実感がありますね。

プロ野球と言えば、平日はナイトゲーム、土日は時期によりデーゲームとナイトゲームというのが通常ですが、開幕直後のパ・リーグで平日デーゲームをしている球団があるようです。

それが、千葉ロッテと楽天イーグルス、そして、日本ハムファイターズです。

千葉ロッテは4月1週目の平日2試合、楽天イーグルスは4月1週目の平日3試合(1試合は16時~)がデーゲーム、日本ハムは5月18日(木)がでーげむとなっていました。

シーズンにおいて平日はナイトゲームというのが通常で、他の球団は同時期でも平日はナイトゲームですが、千葉ロッテと楽天イーグルス、日本ハムが数試合平日デーゲームの日がある理由は何なのでしょうか。

調べたところ、平日デーゲームの理由は、気温や子ども、移動のためと言われています。

 

今回は『プロ野球パ・リーグが平日デーゲームの理由は何?気温や子どものため?』と題して、パ・リーグが平日デーゲームの理由について調べてみました。

スポンサーリンク

プロ野球パ・リーグが平日デーゲームの理由は何?

プロ野球パ・リーグ球団の千葉ロッテと楽天イーグルスが4月1週目に平日デーゲーム、日本ハムが5月18日(木)に平日デーゲームをしていました

球団にち試合
開始
球場
千葉
ロッテ
4月5日(水)
4月6日(木)
14時ZOZOマリン
スタジアム
楽天
イーグルス
4月4日(火)
4月5日(水)

4月6日(木)
16時
13時

13時
楽天
モバイルパーク
日本ハム5月18日(木)13時エスコンフィールド

他球団は同日の試合もナイトゲームですし、千葉ロッテと楽天イーグルス、日本ハムも上記日程以外は平日ナイトゲームです。

ちなみに、千葉ロッテは4月4日(火)は18時~のナイトゲームでした。

理由はわかりませんが、社会人だと平日夜しか行けない人がほとんどなので、1日だけナイトゲームにしたのかな?と推測しました。

 

では、なぜこの日程のみ平日デーゲームなのか、理由はこの3つだと言われています。

  1. 気温
  2. 子どものため
  3. 移動のため

球団からの発表があったのかどうかわかりませんが、多くのファンがこの3つを理由に挙げていました。

1つ目と2つ目は千葉ロッテと楽天イーグルス、3つ目は日本ハムが平日にデーゲームをする理由です。

それでは1つずつ見ていきます。

平日デーゲームの理由①気温

千葉ロッテと楽天イーグルスが4月1週目が平日デーゲームの理由1つ目は「気温」です。

千葉ロッテの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」と、楽天イーグルスの本拠地「楽天モバイルパーク」は、4月1週目は夜の気温が低いため、デーゲームにしていると言われています。

 

まず、ZOZOマリンスタジアムの2023年4月6日のナイトゲームが始まる18時の気温は18.8度です。

ただ、マツダスタジアムの同日同時刻の気温が17.8度なので、気温だけ見ると夜でもできるのでは?と思いました。

しかし、ZOZOマリンスタジアムがある場所が海のすぐ近くなので、気温よりかなり寒く感じるのではないでしょうか。

正確にはわかりませんが、ZOZOマリンスタジアムで平日デーゲームが行われる理由は、夜の気温が低いことと球場が海沿いにあることが関係していそうです。

実際、神宮球場での試合もあり、気温はZOZOマリンスタジアムと同じくらいです。

ですが、神宮球場はナイトゲームなので、やはりZOZOマリンスタジアムが海沿いにあり気温よりも寒く感じるという点を考慮している気がします。

 

そして、楽天モバイルパークの2023年4月6日の18時の気温は17.4です。

21時時点の気温が16.1度まで下がる点が他の球場と異なる!

ZOZOマリンスタジアムやマツダスタジアムは18時時点と21時時点の気温に大きな差はありませんが、楽天モバイルパークは1度以上差があります。

もし楽天モバイルパークでナイトゲームをすると、日差しがない中で気温が1度下がるので、かなり寒く感じるかもしれませんね。

そのため、平日デーゲームでの開催にしているのではないでしょうか。

ちなみに、他はドームでの試合となっているので、気温関係なく、ナイトゲームでの開催となっています。

平日デーゲームの理由②子どものため

千葉ロッテと楽天イーグルスが4月1週目が平日デーゲームの理由2つ目は「子どものため」です。

4月1週目は子どもが春休みのため、千葉ロッテは球場に足を運んで試合を見られるようにデーゲームにしているという情報がありました。

たしかにナイトゲームで試合時間が長くなると、子供が試合を最後まで見られないかもしれません。

その点、デーゲームにすると子どもも最後まで試合を見られますし、仮に春休み最終日に球場に行ったとしても、次の日からの学校に影響も出にくいのではないでしょうか。

楽天イーグルスが同じ理由で平日デーゲームを開催しているという情報は見つけられませんでしたが、それも理由にあるかもしれませんね。

平日デーゲームの理由③移動のため

日本ハムが平日にデーゲームをする理由は「移動のため」です。

5月18日(木)は北海道のエスコンフィールドで日本ハム対西武ライオンズの試合が行われました。

その翌日の西武ライオンズの試合が福岡で行われるため、西武ライオンズの選手や監督、スタッフは試合後に移動することとなります。

北海道から福岡への移動時間は、1時間30分~2時間30分かかりますし、飛行機での移動となるので新幹線より前後の時間も必要となってきます。

その点を配慮して、北海道から福岡に移動する日の試合は、平日デーゲームにしたようです。

プロ野球パ・リーグが平日デーゲームの観客動員数は?

プロ野球で平日にデーゲームをしてお客さんが入るの?という点も気になりますよね。

そこで、ZOZOマリンスタジアムと楽天モバイルパークの平日デーゲームとナイトゲームの観客動員数を調べてみました。

平日デーゲーム平日ナイトゲーム
千葉ロッテ4/5…23,570人
4/6…26,169人
4/4…26,610人
楽天イーグルス4/5…21,526人
4/6…19,034人
4/4…24,365人
(16時試合開始)
日本ハム5/18…25,000人以上5/17…18,082人

4月4日のナイトゲームと5日、6日のデーゲームの観客動員数を比べると、千葉ロッテは5日は4日より3,000人ほど少ないですが、6日と4日にほぼ差はありません。

楽天は平日ナイトゲームより平日デーゲームの方が、3,000~5,000人ほど少なくなっています。

これくらいの差は同じナイトゲームでも生まれる差ですので、平日デーゲームだからと言って観客動員数が明らかに少ないということはないようです。

 

そして、日本ハムは、修学旅行生が観戦に来ているということもありますが、平日デーゲームの方が観客動員数が上回っています。

その差、7,000人ほどありますので、修学旅行生が来ていなくても平日デーゲームの方が多いのではないでしょうか。

平日デーゲームは年に数回しかないので、休みを取って行ってみようと思う方も多いのかもしれませんね!

また、4月の1週目だと春休みの最後あたりなので、子どもを連れて行っているご家庭も多く、観客動員数に影響が出ていないのかもしれませんね。

まとめ

プロ野球パ・リーグが4月1週目に平日デーゲームを開催している理由が気になったので調べてみました。

千葉ロッテは、子どもが春休みなので平日デーゲームにしているという情報がありました。

さらに、千葉ロッテの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」は海沿いにあるので、気温より寒く感じるということを配慮しているというのもあるかもしれません。

また、楽天イーグルスは、子どものために春休みは平日デーゲームにしているという情報は見つけられませんでしたが、それもあるかもしれません。

気温は夜9時になると16.1度とかなり低くなるので、そこまで気温が下がることを考えて平日デーゲームにしているのではないでしょうか。

千葉ロッテと楽天イーグルスファンにとっては平日デーゲームは毎年恒例のようですが、他球団ファンの人で初めて知った人は驚きますよね。

気温や子どものことを考え、この時期は平日デーゲームにしているので、試合観戦もしやすいかもしれませんね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
野球
ハルログ

コメント