木村大成の出身中学や高校はどこで兄も野球経験者?プロ入り後の成績は?

野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

福岡ソフトバンクホークスに2021年のドラフト3位で指名された木村大成投手が、ドラフト同期の加藤洸稀投手と共に処分されました。

木村大成投手には期待していたのに残念、という声も相次いでおり、ファンの期待を裏切った形となりました。 

処分の内容は詳しく明かされていませんが、解雇とはなっていないため、罰金や期限付きの試合出場停止などになるのではないでしょうか。

 

野球以外のことで注目を浴びることになった木村大成投手ですが、出身中学や高校はどこなのでしょうか。

木村大成投手は北海道北広島市出身なので、中学や高校も北海道なのかもしれません。

また、木村大成投手には兄がいらっしゃるのですが、兄も野球経験者なのでしょうか。

プロ野球選手で兄がいる人は、兄の影響で野球を始めたという選手も多いですし、木村大成投手もそうかもしれませんね!

 

そして、野球以外のことで注目を浴びた木村大成投手ですが、プロ入り後の成績はどうなのでしょうか。

木村大成投手はプロ2年目ですし、プロ入り後の成績はこれから、というところかもしれませんね。

 

そこで今回は、以下について調べてみました。

  • 木村大成の出身中学や高校はどこ?
  • 木村大成の兄も野球経験者?
  • 木村大成のプロ入り後の成績は?
スポンサーリンク

木村大成の出身中学や高校はどこ?

ソフトバンクの木村大成投手の出身中学や高校について調べたところ、高校まで北海道の学校に通っていたことがわかりました。

それでは、それぞれについて見ていきます。

中学は北広島市立東部中学校

木村大成投手の出身中学は、北海道北広島市にある「北広島市立東部中学校」です。

木村大成投手は、北広島市立東部中学校の野球部に所属していました。

残念ながら、木村大成投手の中学時代の成績や球速などはわかりませんでした。

高校は北海高等学校

木村大成投手の出身高校は、北海道札幌市にある「北海高等学校」です。

北広島市立東部中学校から電車で1時間ほどの場所に位置するので、木村大成投手は実家から通っていたのかもしれませんね。

 

木村大成投手は、高校1年生の春からベンチ入りし、2年秋からエースとなりました。

高校1年生の春からベンチ入りするということは、中学生の時点で実力は高かったのかもしれませんね。

木村大成刀子は、2年秋にエースとして北海道大会で優勝しました。

 

そして、高校3年生の春に第93回センバツ高等学校野球大会に出場し、開幕戦で神戸国際大附との試合に先発しました。

試合は、延長10回裏にサヨナラ負けし、初戦敗退となりました。

また、同年夏の南北海道大会でも優勝し、第103回全国高等学校野球選手権大会にも出場しました。

1回戦で再び神戸国際大附と対戦し、好投するも、打線の援護がなく敗戦しました。

なので、木村大成投手は、春夏続けて甲子園に出場していますが、勝利には至っていないという結果となります。

 

ただ、高校3年生の南北海道大会1回戦にて、視察に訪れたスカウトのスピードガンで自己最速を更新する150km/hを記録しました。

同試合では、先発で2安打2失点114球で完投し、スカウトにアピールすることができました。

どの球団のスカウトが視察していたかわかりませんが、プロ球団のスカウトからは、伸びしろがある高校生左腕として高く評価する声が上がっていたようです。

その結果、2021年秋のドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから3位指名を受けました。

木村大成の兄も野球経験者?

木村大成投手には、3歳上に広輝さんという兄がいて、野球経験者だったようです。

兄・広輝さんは、木村大成投手と同じ北広島東部中学校の投手として、全国中学大会に出場しています。

中学卒業後は大阪府の関西創価高校に進学しましたが、甲子園に出場することはできませんでした。

さらに、高校最後は右肘を痛め、野球は高校で引退されたそうです。

 

自分も野球経験者である兄・広輝さんは、弟・大成投手が2021年にセンバツ高校野球に出場した際、スタンドで応援されていました。

父健一さん(52)ら家族とスタンドで応援した広輝さんは「ここで弟の登板を見られるなんて、感無量です」と、じっとマウンドを見守った。

日刊スポーツ

木村大成投手は、延長戦の末、初戦で敗退しましたが、弟が甲子園のマウンドにいる姿はとても誇らしかったでしょう。

木村大成投手には心を入れ替えて、一軍のマウンドで躍動している姿を兄・広輝さんや両親に見せてほしいですね。

木村大成のプロ入り後の成績は?

木村大成投手は、2023年5月25日時点で、一軍での登板経験なし!

プロ入り後、一軍での登板経験なしということで、頑張る時期なのに処分を下されるようなことをしたため、「何してるの?」という声が寄せられています。

まずは一軍での登板を目指す大事な時期に、そのチャンスを得ることもできない環境に自ら身を置く形となってしまいましたね。

 

木村大成投手は、プロ1年目となる2022年は、二軍で6試合登板、防御率6.43という成績でした。

2022年シーズンは、新型コロナウイルスに感染し、開幕から出遅れたものの、4月12日に三軍で実戦デビューを果たしました。

そして、5月11日にウエスタン・リーグで福岡ソフトバンクホークスの新人一番乗りで公式戦初登板し、2回1安打4奪三振無失点という結果でした。

ただ、8月以降は左肩痛に悩まされていたとのことです。

 

そして、2023年も一軍での登板はなく、球団からの処分を受ける形となりました。

処分の内容はわかりませんが、罰金や期限付きの試合出場停止などになるのではないでしょうか。

試合出場停止かどうかは、今後の試合を見ているとわかりますので、チェックしていこうと思います。

まとめ

福岡ソフトバンクホークスの木村大成投手が、球団からの処分を受けることとなりました。

野球以外のことで注目を浴びることとなった木村大成投手ですが、プロ入りまで北海道から出たことがないことがわかりました。

木村大成投手の出身中学は、北海道北広島市にある北広島市立東部中学校で、中学校の野球部に所属していたようです。

そして、出身高校は、北海高等学校で、春の甲子園は北海道最多となる13回出場、夏の甲子園は全国最多となる39回出場という超強豪校です。

木村大成投手は、高校1年春からベンチ入りし、2年秋からエースとしてチームを引っ張りました。

高校3年生は、春夏ともに甲子園に出場していますが、2大会とも神戸国際大附に初戦で負けています。

また、兄・広輝さんも野球経験者ということで、弟・大成さんのプロ入りは嬉しかったのではないでしょうか。

プロ入り後は一軍での登板経験はなく、これからの投手だと期待されていました。

今後は心を入れ替えて、一日でも早く一軍のマウンドに立てるよう野球に専念してほしいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
野球
ハルログ

コメント