村上慶太のホームラン数など成績やドラフト注目度は?兄村上宗隆の高校時代と比較も

野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

夏の甲子園2022の注目選手の一人である九州学院高校の村上慶太選手。

村上慶太選手は、ヤクルトスワローズのプロ野球選手・村上宗隆選手の弟ということでも注目されています!

しかも、村上宗隆選手も、現在村上慶太選手が所属している九州学院高校の卒業生なんです。

兄村上宗隆選手は、5打席連続ホームランを放つなど、今のプロ野球界でNo.1スラッガーの名をものにしようとしていますが、村上慶太選手はどうなのでしょうか?

九州学院高校の4番を打っている村上慶太選手のホームラン数など成績が気になりますね!

また、村上慶太選手のドラフト注目度はどのような感じなのでしょうか?

今回は、村上慶太選手のホームラン数など成績やドラフト注目度を調べてみました。

さらに、兄村上宗隆選手は、7年前の夏の甲子園に4番として出場しています。

高校時代から注目されていた兄村上宗隆選手と、村上慶太選手の高校時代の成績比較もしてみました!

 

村上慶太選手が所属する、九州学院高校野球部メンバーについてもまとめましたので、ぜひ他のメンバーもチェックしてくださいね!

九州学院高校野球部メンバー甲子園2022の出身中学や注目選手を紹介!大会成績も

夏の甲子園2022の優勝候補はこちら。

2022年夏の甲子園優勝候補8校まとめ!大本命は大阪桐蔭で智辯和歌山も注目!

スポンサーリンク

村上慶太のホームラン数など成績

夏の甲子園2022に出場する九州学院高校で4番を務めている村上慶太選手のホームラン数など成績をみていきましょう!

ホームラン数:8本
       ※公式戦ではゼロ、夏の甲子園2022前

村上慶太選手は、注目度に比べるとホームラン数が少なく思えますし、公式戦でのホームランはゼロというのも驚きです。

 

ただ、九州交際大学付属高校野球部の平井監督曰く、

「相手投手が警戒して勝負を避けるケースが多い」

とのことです。

村上慶太選手の強打者ぶりは有名で、チャンス時など含め、勝負を避けられることが、ホームラン数に影響しているようです。

 

また、村上慶太選手の高校時代の成績は以下の通り。

大会試合打席数打率安打数得点
20秋熊本413.0000
22春九州14.25010
22夏熊本518.22241
通算1035.14351

村上慶太選手は、1年生の秋から「7番ファースト」として試合に出始めたようですが、結果は残せていなかったようです。

そして、2年生の春は、ベンチ外で過ごすことになりますが、秋からは4番で主力に復帰しています。

右足の怪我もあり、しばらく実戦から遠ざかっていたため、3年生の春もあまり成績は残せていません。

 

しかし、3年生夏の地区大会決勝では、夏の甲子園2022出場を決めるライト前ヒットで、貴重な1打点を放っています。

この回の4連打を呼び込む1ヒットであり、3点先制の起点となりました。

決勝戦を終えた村上慶太選手のコメントはこちらです。

「今大会は打点がなかったので、何が何でも貢献したかった。貴重な1打点だったので本当に良かったです」

日刊スポーツ

今季初打点を決勝戦という大事な舞台で打つなんて、勝負強さを持っていますね!

この調子で、夏の甲子園2022で、爆発してほしいところです。

村上慶太のプロフィール

村上慶太選手のプロフィールをご紹介します。

  • 名前:村上慶太(村上慶太)
  • 出身:熊本県
  • 生年月日:2004年か2005年、月日は不明
  • 身長:190cm
  • 体重:94kg
  • 投打:右投げ左打ち
  • ポジション:内野手(ファースト)
  • 50m走:6秒9(高校2年春時点)
  • ホームラン推定飛距離:130メートル(左中間)
  • 遠投:92メートル

村上慶太のドラフト注目度は?

「将来はプロ野球選手になりたい」と話す村上慶太選手のドラフト注目度を調べてみました。

調べたところ、村上慶太選手のドラフト注目度は、そこまで高くないのかもしれません。

しかし、夏の甲子園2022の出場が決まった熊本大会決勝のスタンドには、

  • ヤクルト
  • ソフトバンク
  • 阪神
  • ロッテ

4球団のスカウトがチェックに来ていました。

ですので、プロ入りの可能性は十分あると思われます。

 

ただ、村上慶太選手のドラフト順位は、「下位指名」の可能性が高く、育成指名の可能性もあるかもしれません。

地元のソフトバンクは興味があるだろうし、もちろん兄がいるヤクルトも入団すれば話題になる。下位指名する球団はあるのでは。

gooニュース

村上慶太選手は、村上宗隆選手の弟ということで、話題性もありますので、球団としては獲得したい選手ではあると思います。

 

しかし、夏の甲子園2022前の村上慶太選手の評価は、

  • 変化球が打てない
  • 大きい体を持て余している印象
  • 大きな当たりが打てるイメージがない
  • 声が良く出ているので、プロ向きの明るい性格ではある

九州地区担当のプロ野球スカウトの意見は、このような感じのようです。

高校通算ホームラン数が8本は少ないですし、公式戦でのホームランゼロというのも評価的には微妙なのかもしれません。

 

しかし、甲子園で覚醒する選手も少なくないので、村上慶太選手が夏の甲子園2022で大躍進を遂げるかもしれません!

また、変化球を打てるようになると、打率やホームラン数も一気に上がると思うので、潜在能力は高いでしょう。

村上慶太選手には、夏の甲子園2022で覚醒してもらい、ぜひプロ野球選手になってもらいたいですね!

村上慶太の兄村上宗隆の高校時代と比較も

最後に、村上慶太選手と、兄村上宗隆選手の高校時代の比較をしてみます。

まずは、村上慶太選手と兄村上宗隆選手の高校通算ホームラン数。

 村上慶太 8本
村上宗隆 52本 

村上宗隆選手の方が、ホームラン数は圧倒的に多いですね。

 

村上宗隆選手のホームラン数もすごいですが、同い年の打者である早稲田実の清宮幸太郎選手(現日ハム)が、高校通算111ホームランを放っており、甲子園を満員にするスターでした。

他にも、履正社の安田尚憲選手(現ロッテ)や、広陵の中村奨成選手(現広島)とともに「高校BIG4」と呼ばれていました。

ちなみに、高校BIG4の中でも、村上宗隆選手は、目立たない存在でした。

 

また、甲子園出場回数や成績ですが、

 村上慶太 1回高校3年夏4番一塁
村上宗隆1回高校1年夏4番・一塁1打席目:サードゴロ
2打席目:サードゴロ
3打席目:センターフライ
4打席目:セカンドゴロ
1回戦敗退

村上宗隆選手の甲子園出場は、1年生夏の1度きりで、4打席凡退と結果は残せませんでした。

しかし、1年生ながら4番を打っていたので、高校入学時代から打撃はすごかったことがわかります。

 

村上宗隆選手の九州学院高校での育ての親である坂井宏安監督が、以下のようにおっしゃっています。

「私、村上が中学の時は一度も見てないんですけど、ウチに入ってきて初めて見た時に、あ、この子はプロに行くな……って思いましたね」

NumberWeb

村上宗隆選手は、高校に入った時点で、プロに行く素質を感じられたようです。

もちろん、プロに行けたのは村上宗隆選手が人一倍練習したからです。

  

ホームラン数や周囲のコメントから、高校時代の成績やプロ入りの可能性としては、村上慶太選手より村上宗隆選手の方が高かったことがわかります。

村上慶太選手は、兄村上宗隆選手のようにドラフト1位指名は難しいかもしれませんが、ドラフト会議でいつ名前が呼ばれるか楽しみですね!

まとめ

村上慶太選手のホームラン数など成績や、ドラフト注目度について調べてみました。

高校時代の村上慶太選手の成績はあまりよくないかもしれませんが、プロ入りの可能性は十分あります。

ぜひプロ野球選手になって、兄村上宗隆選手と同じグラウンドに立ってほしいですね!

スポンサーリンク
野球
ハルログ

コメント