今朝丸裕喜の兄は仙台育英出身の今朝丸慎?父母はどんな人?プロフも紹介

高校野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2024年の選抜高校野球で、注目度No.1右腕と言われているのが、報徳学園の今朝丸(けさまる)裕喜投手です。

2023年の選抜高校野球で報徳学園を準優勝に導いた1人とだけあり、2024年も注目が集まります。

そんな今朝丸裕喜投手について調べていると、「仙台育英の今朝丸慎投手は兄?」と気になるワードが出てきました。

今朝丸裕喜投手の兄は、仙台育英高校の野球選手だったのでしょうか。

兄弟で野球選手であることは珍しくないです。

もし、今朝丸裕喜投手の兄が仙台育英高校の野球選手だったら、兄弟で別々の強豪校に進学したことになりますね!

そして、今朝丸裕喜投手の父母はどんな人なのかということも気になります。

 

今回は、『今朝丸裕喜の兄は仙台育英出身の今朝丸慎?父母はどんな人?プロフも紹介』と題して、今朝丸裕喜投手の家族について徹底調査してみました。

スポンサーリンク

今朝丸裕喜の兄は仙台育英出身の今朝丸慎?

結論から言うと、今朝丸裕喜投手の兄は、仙台育英高校にいた今朝丸慎投手かどうか、はっきりとはわかりませんでした。

お2人のニュース記事をいくつもチェックしたところ、兄弟と書いているサイトが1つありましたが、信憑性には欠けました。

その他で今朝丸裕喜投手と今朝丸慎投手が兄弟という情報がないことを考えると兄弟ではないのかな?と考えたりもしました。

もし兄弟なら、2人とも強豪校でプレーしているということで取り上げられてもおかしくなさそうですし…

そのため、今朝丸裕喜投手と今朝丸慎投手が兄弟かどうか、本当のところはわかりません。

 

ただ、2016年~2018年に仙台育英高校に今朝丸慎投手という選手がいたのは事実です。

そして、高校卒業後は、北陸大学に進学したようですが、野球をしていたかや、その後についてはわかりませんでした。

 

今回は、なぜ今朝丸裕喜投手と仙台育英高校にいた今朝丸慎投手が兄弟と言われているのか理由を調べてみました。

  1. 苗字が珍しい
  2. 同じ中学校!

苗字が珍しい

まずやはり「今朝丸」という苗字の2人が強豪校で野球をしている時点で兄弟?と思いますよね。

「今朝丸」という苗字は、全国におよそ180人しかいない珍しい苗字です。

そのうちのほとんどが広島県にいるそうで、次いで兵庫県に多いそうです。

今朝丸裕喜投手の出身は兵庫県神戸市ですし、珍しい苗字なので兄弟かな?と考えてしまいますね。

同じ中学校!

同じ苗字の今朝丸裕喜投手と今朝丸慎投手は、同じ神戸市立本庄中学校の出身です。

そのため、今朝丸慎投手も兵庫県神戸市出身ということになります。

これは、兄弟の可能性が高いのでは?と思ってしまいますね。

 

ただ、中学時代に所属していた野球チームが、

  • 今朝丸裕喜:関メディベースボール学院
  • 今朝丸慎:伊丹リトルシニア

と、違うチームでプレーしていました。

もし兄弟だとすれば、中学生の時に違うチームに所属していたというのは珍しいですね。

 

しかし、もし今朝丸裕喜投手と今朝丸慎投手が兄弟だとすれば、年齢が6歳離れていることになります。

  • 今朝丸裕喜:2006年6月2日生まれ
  • 今朝丸慎:2000年度生まれ

6歳離れているので、兄弟で別々のチームということも考えられそうですね。

今朝丸裕喜には兄がいる?

今朝丸裕喜投手と今朝丸慎投手が兄弟かどうか調べましたが、そもそも今朝丸裕喜投手には兄がいるのかどうかもはっきりわかりませんでした。

今朝丸裕喜投手の兄弟について、「兄が3人いる」「兄と姉がいる」などいくつかの情報がありましたが、正確な情報は見つけられませんでした。

2024年の選抜高校野球の結果により、今朝丸裕喜投手の兄弟についても触れられるかもしれません。

今朝丸慎投手との関係も含め、チェックしていきます。

今朝丸裕喜の父母はどんな人?

今朝丸裕喜投手の父母についてですが、父の名前が裕さんと言い、時点で46歳ということがわかりました。

しかし、父母に関する情報は、それ以外わかりませんでした。

父が裕さんと言うので、息子の名前に父の漢字が入っていますね!

今朝丸裕喜のプロフィール

  • 名前:今朝丸裕喜(けさまる・ゆうき)
  • 生年月日:2006年6月2日
  • 年齢:17歳(2024年2月時点)
  • 出身地:兵庫県神戸市東灘区
  • 身長:185cm
  • 体重:74kg
  • 投打:右投げ右打ち
  • 背番号:10(2023年秋季近畿地区大会時)

 

今朝丸裕喜投手は、東灘小学校・本庄中学校の出身です。

報徳学園は兵庫県西宮市にあり、東灘区から電車で約1時間なので、実家から通っているのではないでしょうか。

 

報徳学園に進学した今朝丸裕喜投手は、1年秋から控えでベンチ入りしました。

高校1年の選抜高校野球では、背番号10で出場し、4試合で投げ(先発1回)、2勝0敗、防御率2.03という成績で準優勝に貢献しました。

しかし、高校2年の夏は、地区大会5回戦で敗退、秋はエースを間木投手に譲りましたが、2本柱として戦いました。

2024年の選抜高校野球でも投手2本柱に注目ですね!

まとめ

報徳学園の今朝丸裕喜投手の兄が仙台育英出身の今朝丸慎投手か、はっきりとはわかりませんでした。

苗字や出身中学校が同じという兄弟かな?と思う点もあれば、情報が一切ないことや中学生の時に所属していたチームが違うという兄弟ではなさそうか点もあります。

本当のところはわかりませんが、今後も情報をチェックしていきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
高校野球
ハルログ

コメント