冷水孝輔の出身中学校はどこ?強豪私学から勧誘されていた!ドラフト注目度も調査

高校野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

和歌山県の耐久高校が、2024年の選抜高校野球に、春夏通じて初めて出場します!

1905年に創部した耐久高校野球部が初の甲子園出場なので、町全体が盛り上がっているでしょうね。

そんな快挙の立役者の1人がエースの冷水孝輔投手です。

最速143キロを投げる冷水孝輔投手ですが、出身中学校はどこなのでしょうか?

中学校の頃から目立った存在だったのか、どんなチームでプレーしていたのか気になりますね!

また、冷水孝輔投手は、中学校時代に強豪私学から勧誘されていたという情報がありました。

強豪私学から勧誘されていたとしたら、それを蹴ってまで耐久高校に進学した理由も気になりますね。

 

そして、初の甲子園出場ですが、エース冷水孝輔投手のドラフト注目度や評価は出ているのでしょうか?

本人もプロ入りを目指しているようですし、ドラフト注目度は要チェックです!

 

本記事では、以下について調べています。

  • 冷水孝輔の出身中学校はどこ?
  • 冷水孝輔は強豪私学から勧誘されていた!
  • 冷水孝輔のドラフト注目度も調査
スポンサーリンク

冷水孝輔の出身中学校はどこ?

冷水孝輔投手は、和歌山県海南市出身です。

出身中学校や小学校、そして所属していた野球チームについて調べてみました。

下津第二中学校出身!

冷水孝輔投手は、海南市立下津第二中学校の出身です。

生徒数140名ほどの小規模の中学校です。

 

そして、中学生の頃は、有田リトルシニアで野球をしていました。

中学生の頃の成績などはわかりませんでした。

加茂川小学校出身!

冷水孝輔投手は、海南市立加茂川小学校の出身です。

そして、小学生の頃は、加茂仲良しクラブで捕手と投手として野球をしていました。

冷水孝輔は強豪私学から勧誘されていた!

冷水孝輔投手は、中学生の頃に強豪私学から勧誘されていたのでしょうか?

もし勧誘されていたら、それを断って耐久高校に進学した理由も気になります。

冷水孝輔投手が強豪私学から勧誘されていたのか、なぜ耐久高校に進学したのか調べてみました。

県内外の高校から勧誘されていた

中学生の冷水孝輔投手は、県内外の複数の高校から勧誘を受ける逸材だったようです。

県内外の複数の高校から勧誘を受ける逸材だった。

NumberWeb

強豪私学からの勧誘があったかはわかりませんが、野球部への勧誘を行っている高校なので、私学なのはほぼ確実でしょう。

 

和歌山県の強豪だと、この2校でしょうか。

  • 智辯和歌山高校
  • 市立和歌山高校

県外の高校からも勧誘があったくらいなので、中学生の冷水孝輔投手は目立った存在だったんですね!

兄を追って耐久高校に進学!

では、なぜ冷水孝輔投手が甲子園に出場したことのない公立の耐久高校に進学したかというと、3歳年上の兄・秀輔さんが同校の野球部出身だったからです。

冷水孝輔投手は、兄と同じユニフォームを着て、甲子園を目指したかったため、耐久高校に進学しました。

冷水孝輔投手と兄・秀輔さんは、昔から仲が良く、冷水孝輔投手が野球を始めたのも兄の影響なんだそうです。

小学校のグラウンドでキャッチボールをしていたとか。

 

ちなみに、兄・秀輔さんも耐久高校のエースで、県大会は秋春夏全てでベスト8入りしていました。

そして、現在は、中央学院大学で野球をしています。

冷水孝輔投手に初の甲子園出場という吉報があった翌日、中央学院大学野球部も明治神宮大会への出場を決めました。

明治神宮大会出場を決めた大会で、秀輔さんは最優秀選手賞に輝いているので、兄も素晴らしい投手のようですね!

 

もし、冷水孝輔投手が中央学院大学に進学すれば、兄が4年生、弟が1年生なので、1年間だけ共にプレーすることができます。

しかし、秀輔さんは自分の道を歩いてほしいため、追っかけてくるな、と言っているそうですよ。

冷水孝輔投手の高校卒業後の進路にも注目が集まりそうですね!

冷水孝輔のドラフト注目度も調査

冷水孝輔投手のドラフト注目度や評価は、まだ出ていません。(2024年1月時点)

そのため、初の選抜高校野球での投球に注目が集まりそうですね!

選抜高校野球での投球次第で、ドラフト注目度や評価も変わってきそうですが、大学進学が濃厚となるかもしれません。

 

冷水孝輔投手も、大学を経てプロ野球選手になることを目標にされています。

耐久ナインの中には、高校卒業後は野球から離れることを決めている選手も多いが、冷水は大学を経てプロ野球選手になることを夢見ている。

「すべては自分の頑張り次第。たとえプロに届かなくても、社会人まで野球は続けていきたい。仮に引退することになったら、野球をやっている人をサポートできるような仕事に就きたいと思っています

NumberWeb

もしプロ野球選手になれなくても、社会人野球までは続けたいと、既に将来のことを考えているのが素晴らしいですね!

大学に進学し、プロ入りを目指すことになりそうですが、選抜高校野球終了後の冷水孝輔投手のドラフト注目度や評価はチェックしていきます。

まとめ

冷水孝輔投手は、海南市立下津第二中学校、加茂川小学校出身です。

小学1年生の時に加茂仲良しクラブで野球を始め、有田リトルシニアを経て、耐久高校に進学しました。

県内外の強豪私学から勧誘されていた冷水孝輔投手ですが、3歳年上の兄・秀輔さんを追って耐久高校に進学しました。

初の選抜高校野球で冷水孝輔投手がどんな投球をするのか楽しみですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
高校野球
ハルログ

コメント