ヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率は23倍!狙い目会場や日程も調査

映画・ドラマ・舞台
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

渡辺直美さん主演ミュージカル「ヘアスプレー」の公演が決定しましたね!

2020年7月に公演予定だったヘアスプレーミュージカルですが、新型コロナウイルスの影響により残念ながら中止となっていました。

観に行かれる予定だった方はショックだったと思いますが、ヘアスプレーミュージカル2022の公演が決定し、歓喜の声があがっています。

そこで気になるのが、ヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率ではないでしょうか?

2020年のヘアスプレーミュージカルのチケット倍率は発表されていませんが、当選した人を見かけないことから、「落選した人が多いのでは?」と話題になりました。

2020年のチケット倍率も高かったと思われますが、今回のヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率も、8.8倍~23.3倍という数字が出ました!

また、ヘアスプレーミュージカル2022狙い目会場や日程も調査しましたので、申し込む際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率は23倍!

ヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率は、8.8倍~23.3倍だと予想します!

146.5万人の8割146.5万人の5割146.5万人の3割
23.3倍14.5倍8.8倍

さすがに、100万人以上が申し込むとは考えにくいですが、もしそうなった場合のチケット倍率は、23.3倍となります。

ここまでのチケット倍率にはならないと思いますが、これだと当選した人を探す方が難しいレベルですね・・・

 

個人的には、80万人くらいの申し込み数になるのかな?と思っています。

ヘアスプレーミュージカルは、今回が日本で初公演となるので、いずれにせよ、ヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率は、かなり高そうです。

 

まず、ヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率は、以下の計算式で算出しました。

申し込み数÷総動員数=チケット倍率

ヘアスプレーミュージカル2022は、4都市での公演になりますが、今回は全公演まとめてチケット倍率を算出しています。

ですので、会場によりチケット倍率に前後はあると思いますが、ご了承願います。

また、一人2枚チケットを申し込むことを想定して計算しています。

それでは、申し込み数と総動員数、それぞれの数字について紹介していきます。

ヘアスプレーミュージカル2022申し込み数

まず、ヘアスプレーミュージカル2022申し込み数ですが、2007年公開映画「ヘアスプレー」の日本の観客動員数146.5万人を基準に考えました。

さすがに映画ヘアスプレーの観客動員数146.5万人が申し込むとは考えにくいですので、以下の割合に分けてみます。

146.5万人の8割146.5万人の5割146.5万人の3割
1,172,000人732,500人439,500人

さすがに100万人を越える申し込み数にはならないと思いますが、あくまでも予想です。

そして、一人2枚申し込むと想定しているので、上記数字を2倍にした数を申し込み数として計算しました。

 

映画ヘアスプレーは見ていなくても、渡辺直美さんファンの方なら今回のミュージカルは見たいと思います。

また、ヘアスプレーミュージカル2022に出演する演者ファンの方もいらっしゃるので、合計するとけっこうな申し込み数になると思われます。

ヘアスプレーミュージカル2022総動員数

ヘアスプレーミュージカル2022総動員数は、100,442人くらいだと思われます。

まず、ヘアスプレーミュージカル2022の会場と座席数、公演日程、公演数、会場毎の合計収容人数は以下の通りです。

会場座席数公演日程
【公演数】
合計収容人数
東京建物
BrilliaHALL
1,300席9月17日(土)~10月2日(日)
【21】
27,300人
博多座1,454席10月7日(金)~18日(火)
【16】
23,264人
梅田芸術劇場
メインホール
1,905席10月23日(日)~11月8日(火)
18】
34,290人
御園座1,299席11月12日(土)~20日(日)
【12】
15,588人

合計すると、ヘアスプレーミュージカル2022公演数は、67公演、総動員数は、100,442人となります!

総動員数となると、けっこう多いですね!

 

しかし、これは全座席が埋まった場合の総動員数になります。

中には座れない座席もあるかもしれませんし、新型コロナウイルスの状況により、座席数が減ってしまうかもしれません。

そうなると、ヘアスプレーミュージカル2022チケット倍率は、さらに高くなります。

 

また、ヘアスプレーミュージカル日本初公演ということと、2020年に一度中止になっていることを考えると、予想よりチケット倍率が上回る可能性も高そうです。

ヘアスプレーミュージカル2022チケットをゲットするのは、狭き門かもしれませんね。

ヘアスプレー映画はU-NEXTで視聴可能!

映画ヘアスプレーは動画配信サービス「U-NEXT」で視聴可能です!

U-NEXTは、動画配信サービスにおいて、見放題作品数No.1となっています。

 

U-NEXTの利用料金と主なサービススペックは、

  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 毎月もらえるU-NEXTポイント:1,200円分
  • 同時視聴アカウント数:4
  • 見放題作品:20,000本以上
  • 無料マンガ:8,000冊以上

U-NEXTポイントは、最新映画のレンタルやマンガの購入に使えるとのことです。

それが、毎月1,200ポイントもらえるのは嬉しいですね!

 

無料トライアル期間、31日間あり!

無料トライアル期間中に解約した場合、月額料金は発生しませんので、一ヶ月は無料で動画を楽しめます!

映画ヘアスプレーを見たことのある人も、ヘアスプレーミュージカル2022を見る前に、U-NEXTで映画を見直してみてはいかがでしょうか?

通常バナー

ヘアスプレーミュージカル2022狙い目会場や日程も調査!

ヘアスプレーミュージカル2022狙い目会場や日程を調査してみました!

狙い目会場は東京建物BrilliaHALL?

ヘアスプレーミュージカル2022の4会場のうち、狙い目会場は、東京建物BrilliaHALLかもしれません。

理由は、東京建物BrilliaHALLは、以下のようなやや悪い評判があったからです。

  • 座席によって舞台が見えない・見えにくい
  • 音響が悪い

このことから、「東京公演の申し込み数減らすか~」「大阪凱旋にしよう」などの声も見られました。

 

東京建物BrilliaHALLの全席が見えにくいわけではないようですが、座席の見え方の差が大きいため、座席運も必要になるようです。

また、音響も、とても大きく聞こえる座席があるようです。

 

ただ、東京の公演数は最も多く、東京建物BrilliaHALLの収容人数も最も多くなっています。

動員数は多いですが、座席のことを考えると、東京公演とは言え、意外と狙い目会場かな?と思いました。

ただ、舞台が見えにくい座席になる可能性もあるので、いくら狙い目とは言え、東京公演への申し込みは悩ましいところですね。

狙い目日程は平日昼間!

ヘアスプレーミュージカル2022の狙い目日程は、やはり平日昼間ではないでしょうか?

ヘアスプレーミュージカル2022の平日昼間公演をまとめてみました。

 

  • 東京公演・・・9月20日(火)・22日(木)・26日(月)・29日(木)・30日(金)
  • 博多公演・・・10月12日(水)・13日(木)・14日(金)・17日(月)・18日(火)
  • 大阪公演・・・10月24日(月)・25日(火)・27日(木)・31日(月)
           11月2日(水)・4日(金)・8日(火)
  • 愛知公演・・・11月14日(月)・15日(火)・17日(木)・18日(金)

ヘアスプレーミュージカル2022の平日昼間公演は、全21公演あります。

 

ちなみに、平日昼間公演は、12時~か13時~となっています。

平日夜は、17時~か18時~なので、行ける人も平日昼間よりはやや多いかな?と思います。

 

平日昼間公演は、ヘアスプレーミュージカル2022全公演のうち3分の1くらいです。

平日昼間は行けない人も多いと思いますので、狙い目日程かな?と思いました。

狙い目会場と日程を合わせると、東京建物BrilliaHALL×平日昼間が狙い目かもしれません!

まとめ

渡辺直美さん主演ミュージカル「ヘアスプレー」が日本初公演とのことで、チケット倍率を調べてみました。

映画も人気なので、チケット倍率はかなり高くなりそうですね!

スポンサーリンク
映画・ドラマ・舞台
ハルログ

コメント