愛知川祇園納涼祭花火大会2023の駐車場やアクセス情報!渋滞回避は?

イベント
スポンサーリンク

2023年7月15日(土)に滋賀県東近江市の愛知川河川敷御幸橋付近で「第139回愛知川祇園納涼祭花火大会」が開催されます。

琵琶湖東岸に広がる湖東地方で最も古い歴史を持つ愛知川祇園納涼祭花火大会は、滋賀県の花火大会人気ランキング第2位です。

スターマインや打ち上げ花火3,500発が打ち上げられます。

 

愛知川祇園納涼祭花火大会2023は久しぶりの開催とだけあり、例年以上の人出が見込まれます。

そのため、これまでより交通手段には気を遣うこととなりそうです。

まず、愛知川祇園納涼祭花火大会2023には駐車場があるのでしょうか。

花火大会は人が多いですし、交通規制もありますので、できれば公共交通機関で行くのがいいですが、車で行くしかない方もいますよね。

車で行く方にとって、愛知川祇園納涼祭花火大会2023の駐車場情報は最も気になることではないでしょうか。

また、電車で行く人にとっては、最寄り駅はどこなのかというアクセス情報をチェックしておきたいですね!

 

そして、愛知川祇園納涼祭花火大会2023の渋滞回避方法はあるのでしょうか。

花火大会で渋滞を回避するのはなかなか難しいですが、少しでも回避できる方法があれば嬉しいですね!

 

そこで今回は、以下について調べてみました。

  • 愛知川祇園納涼祭花火大会2023の駐車場やアクセス情報!
  • 愛知川祇園納涼祭花火大会2023の渋滞回避は?
  • 愛知川祇園納涼祭花火大会2023の打ち上げ場所はどこ?
  • 愛知川祇園納涼祭花火大会2023に屋台はある?
  • 愛知川祇園納涼祭花火大会2023の概要
スポンサーリンク

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の駐車場やアクセス情報!

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の駐車場や、公共交通機関でのアクセス情報をまとめました。

行かれる方は、ぜひチェックししてみてくださいね!

駐車場は4ヶ所!

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の公式マップによると、駐車場は4ヶ所あります。

五個荘側に駐車場はないようなので、ご注意ください
引用:愛知川祇園納涼祭花火大会pdf

マップの右下に駐車場が4ヶ所設置されています。

上から順に、駐車場の位置はこの場所になっています。

  1. ジョイソン・クリエイティブ・センター付近
  2. TBカワシマ株式会社
  3. 巖本商事(Googleマップ上では株式会社ダイニチ本社)
  4. 立川ブラインド付近(ファミリーマート前)

愛知川祇園納涼祭花火大会2023のマップから、Googleマップ上で駐車場の位置を割り出してみました。

1つ目の「ジョイソン・クリエイティブ・センター付近」は、名前が記載されていなかったため、おおよその位置になります。

また、3つ目は「巖本商事」とあるのですが、Googleマップで同じ位置にあるのが「株式会社ダイニチ本社」となっていました。

どちらも近くに行くと案内が出ていると思いますので、一方通行道路や通行禁止道路に注意しながら、駐車場に向かってみてください。

 

駐車場は1台500円の有料駐車場で、開場時間は17時30分~21時40分!

ただ、駐車場の台数には限りがあるので、できるだけ公共交通機関をご利用ください、とのことです。

最寄り駅は近江鉄道愛知川駅

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の最寄り駅は、近江鉄道「愛知川駅」となっています。

琵琶湖線「彦根駅」から近江鉄道に乗り換え、「愛知川駅」で下車します。

また、打ち上げ場所である愛知川を挟んだ側には、近江鉄道「五箇荘駅」がありますので、見る場所によってはそちらで降りるのもいいかもしれませんね。

 

当日は、愛知川駅の近くにある祇園神社が本部となっており、そこにトイレや駐輪場もあります。

観覧席もそちら側にあるため、当日は愛知川駅側の方が賑わっているかもしれません。

帰る方向が、愛知川駅と逆方向の方は、五箇荘駅から乗った方が、混雑を避けられるかもしれませんね。

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の渋滞回避は?

結論から申し上げますと、愛知川祇園納涼祭花火大会2023の渋滞を完全に回避する方法はないでしょう。

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の渋滞を少しでも回避する方法としては、このようなことになりそうです。

  1. 早めに会場に着くように向かう
  2. 花火大会終了直前に帰る or 終了後しばらくしてから帰る
  3. 国道8号線をできるだけ避ける

早めに会場に着くように向かう

言うまでもないですが、花火大会が始まる前の渋滞を回避するには、早めに会場に着くように向かう方がいいでしょう。

花火打ち上げ開始時間が、19時30分予定で、18時頃には道路が渋滞していたようなので、17時くらいまでに到着しておくと安心かもしれませんね。

しかし、こちらはあくまでも予想となり、何時から渋滞しているかは当日にならないとわかりませんのでご了承願います。

花火大会終了直前に帰る or 終了後しばらくしてから帰る

花火大会終了後の方が渋滞がひどいので、それを避けるためには、花火打ち上げ終了間近に会場を出発して、残りは車の中から楽しむようにすると、少しは渋滞がましかもしれません。

ただ、せっかく行ったので最後まで花火を楽しみたいはずなので、花火を最後まで楽しんだ後、しばらく経ってから帰路につくという手もあるかもしれません。

しかし、花火終了予定が21時で、先ほど紹介した駐車場が21時40分で閉まるので、時間を潰せる時間はほとんどなく、そこまで渋滞は避けられないかもしれません。

国道8号線をできるだけ避ける

愛知川祇園納涼祭花火大会当日は、御幸橋がかかっている国道8号線が最も渋滞するようです。

花火大会が始まる前や花火大会の最中、終了後は、ジョーシン東近江店あたりまで混雑しており、通常2分くらいのところ渋滞を抜けるまで30分~小一時間かかったという情報がありました。

国道なので、通らないのは難しいかもしれませんが、できるだけ避けるルートを探してみると少しは渋滞を回避できるかもしれません。

ちなみに、御幸橋の向こう側(ジョーシン東近江店と逆側)も渋滞していたそうなので、どちらからアクセスしても渋滞度合いは変わらないかもしれません。

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の打ち上げ場所はどこ?

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の打ち上げ場所は、愛知川河川敷御幸橋付近で、東海道新幹線の線路を挟んだ2ヶ所です。

東海道新幹線(京都~米原間)や、近江鉄道(五箇荘~愛知川間)の車窓からも花火が間近に楽しめるとのことで、その時間帯に電車に乗るのもありですね!

花火の打ち上げ数は3,500発で、スターマイン、ミュージック花火、メッセージ花火、最大7号玉などがあり、打ち上げ時間は約90分です。

愛知川祇園納涼祭花火大会は、江戸時代から橋を守る神様として信仰を集めている祇園神社の奉納花火として打ち上げられたのが始まりです。

2023年で139回目となる伝統的な花火大会ですね。

愛知川祇園納涼祭花火大会2023に屋台はある?

愛知川祇園納涼祭花火大会2023に屋台の出店はないとのことです。

愛知川祇園納涼祭花火大会2023は数年ぶりの開催で、例年以上の人出が見込まれるため、来場者にゆったりと観賞してもらうためという理由で、露店は設けられないそうです。

愛知川祇園納涼祭花火大会2023の概要

日にち2023年7月15日(土)
雨天順延2023年7月16日(日)
開催時間19時30分~21時
有料席なし
問い合わせ0749-42-8444 るーぶる愛知川
※当日は、050-3665-9671

愛知川祇園納涼祭花火大会2023に有料席はありませんが、みゆき公園の位置が観覧席と書かれているので、そこで見るのがベストなのかもしれませんね!

まとめ

愛知川祇園納涼祭花火大会2023には、打ち上げ場所周辺に駐車場が4ヶ所用意されています。

4ヶ所とも近い場所にあるため、周辺道路は特に混みそうですが、500円で停められるのはうれしいですね。

ただ、早い時間に満車になることが予想されるので、車で行く方は、駐車場が開く時間には周辺にいっておくと安心かもしれません。

また、愛知川祇園納涼祭花火大会2023で、完全に渋滞を回避する方法はありませんが、早めに会場に行くことで渋滞は回避できそうです。

駐車場が近い場所にあるため、帰りは諦めるしかなさそうなので、ぜひ最後まで愛知川祇園納涼祭花火大会を楽しんでくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
イベント
ハルログ

コメント