亀岡花火大会2023は屋台エリアも有料でマルシェもあり!当日券はある?

イベント
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2023年8月11日(金・祝)に「第72回亀岡平和祭保津川市民花火大会」が開催されます。

亀岡花火大会2023から大きく変わることが4つ発表されていますが、その中の一つに「全席有料化」というものがあります。

これまでは無料でしたが、亀岡花火大会2023からはいくつかの有料エリアが設けられます。

そして、毎年大賑わいとなる屋台エリアも有料となり、チケットを持っていないと入場できないということです。

亀岡花火大会2023は屋台エリアも有料ですが、そこから立ち見で花火を見ることはできます。

また、有料エリアは大きくA会場とB会場に分かれるのですが、各エリアにマルシェもあります。

マルシェは、有料エリアをご利用の方が楽しめるとのことです。

さらに、亀岡花火大会2023は屋台エリアも有料ということを当日知った場合など、当日券はあるのか気になりますよね。

 

そこで今回は、以下について調べてみました。

  • 亀岡花火大会2023は屋台エリアも有料でマルシェもあり!
  • 亀岡花火大会2023に当日券はある?
  • 亀岡花火大会2023の有料席一覧!
  • 亀岡花火大会2023の打ち上げ場所はどこ?
スポンサーリンク

亀岡花火大会2023は屋台エリアも有料でマルシェもあり!

亀岡花火大会2023は、屋台エリアも有料とのことですが、いくらで場所はどこなのでしょうか。

また、有料席の人が利用できるマルシェのメニューなども調べてみました。

屋台エリアは2000円!

亀岡花火大会2023の屋台エリアの料金は、2,000円です。

屋台は、運動場内に出店されており、立ち見ですが、花火もそこから見ることができます。(一部花火が見切れます。)

屋台の規模はわかりませんが、イメージ図を見る限り、例年のような雰囲気になるのでは?と感じました。

マルシェにはない夏祭り感も味わえるのは、このエリアだけとなりそうですね!

チケットの購入はこちらのページから。

マルシェは2ヶ所!

亀岡花火大会2023の有料席は、保津川を挟んで2つのエリアに分かれています。

  • A会場:亀岡駅から保津橋を渡った北側エリアと保津橋上流の歩道エリア
  • B会場:亀岡駅側エリア

そして、各会場にそれぞれマルシェがあります。

A会場とB会場の行き来はできない!

 

マルシェのメニューを一部紹介します。

  • ローストビーフ丼(A会場ロイヤル席/団体ツアー席/協賛席)
  • ハンバーガー(A会場ロイヤル席/団体ツアー席/協賛席/プレミアム席)
  • カレー(A会場ロイヤル席/団体ツアー席/協賛席)
  • からあげ(A会場プレミアム席)
  • サザエ(A会場プレミアム席)
  • 焼き鳥(A会場立ち見席)
  • ホルモン焼き(A会場立ち見席)
  • かき氷(A会場立ち見席)
  • やきそば(B会場)
  • ヤンニョムチキン(B会場)
  • ホットドッグ(B会場)
  • かき氷(B会場)

マルシェということで、屋台とは違う雰囲気となりそうですね!

A会場は、有料席の種類により出店するマルシェが異なりますので、ご注意ください。

亀岡花火大会2023に当日券はある?

亀岡花火大会2023に当日券はあるかは発表されていませんが、恐らくないのではないでしょうか。

なぜなら、亀岡花火大会2023のチケット販売期間が、8月10日(木)18時までだからです。

保津川市民花火大会のホームページを見ても、当日券のことは書かれていませんでした。(見落としてたらすみません。)

亀岡花火大会2023から有料化ということで、混乱を避けるためにも、今年は当日券はないかもしれません。

もしかすると、来年以降、当日券の販売があるかもしれませんね。

亀岡花火大会2023の当日券に関しては、わかり次第追記します。

亀岡花火大会2023の有料席一覧!

亀岡花火大会2023の有料席をまとめてみました。(売り切れ情報は、8月8日時点)

値段
①ロイヤル席1席 15,000円 売り切れ
②ツアー団体席
③プレミアム席1席 6,000円
④立ち見エリアお一人様 3,000円
⑤屋台エリアお一人様 2,000円
⑥橋上席1席 6,000円
⑦橋上カメラ席お一人様 15,000円 売り切れ
⑧リバーサイド席1席 6,000円
⑨スタジアム席1席(2名分) 10,000円 売り切れ
⑩階段ペア席1席(2名分) 10,000円 売り切れ
⑪スタジアムカメラ席1席 15,000円 売り切れ
⑫かめきた広場お一人様 4,000円
保津川市民花火大会
保津川市民花火大会

①~⑦がA会場、⑧~⑫がB会場です。

チケットの購入は、こちらのページから。

 

席のあるエリアの場合、お子様を膝に乗せて見るのであれば、チケットは不要です。

お子様にも一席必要であれば、チケットが必要となります。

まだ売り切れていないエリアもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

亀岡花火大会2023の打ち上げ場所はどこ?

亀岡花火大会2023の打ち上げ場所は、亀岡市保津橋上流です。

開催時間は、午後7時30分~8時30分です。

 

10,000発規模の花火が、4部制で打ち上げられます。

音楽に合わせて花火が打ち上げられます。

  • 第1部:『祈りの炎』♪当日のお楽しみ
  • 第2部:『希望の光』♪希望の轍(サザンオールスターズ)
  • 第3部:『感謝の輪』♪新時代(Ado)
  • 第4部:『輝く未来へ』♪当日のお楽しみ

音楽と花火の融合は圧巻なので、ぜひ楽しんでくださいね!

まとめ

亀岡花火大会2023は、観覧が有料化されることとなり、屋台エリアも有料になりました。

屋台エリアは2,000円で、花火も見ることができます。

また、マルシェもありますので、飲食には困らなさそうです。

亀岡花火大会2023に当日券はあるかはわかりませんが、チケット販売期間が前日の18時までなので、恐らくなさそうです。

去年までとは仕組みが変わっていますので、少しややこしいですが、音楽と花火の融合をぜひ満喫してくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
イベント
ハルログ

コメント