イヒネイツアの父母(両親)はナイジェリア人で国籍は日本?兄弟もスポーツマン!

野球
スポンサーリンク

ドラフト会議2022でソフトバンクが1位指名を公言している愛知県・誉高校のイヒネ・イツア選手。

抜群の身体能力を誇る右投げ左打ちの大型遊撃手として注目されていましたね。

名前からして外国の方ということがわかるのですが、イヒネイツア選手の父母(両親)はナイジェリア人なんです!

父母(両親)共に外国の方である選手がドラ1で呼ばれるのは珍しい気がします。

また、イヒネイツア選手の父母(両親)はナイジェリア人ということですが、イヒネイツア選手の国籍は日本になるのでしょうか?

今回は、ソフトバンクドラ1で注目されているイヒネイツア選手の父母(両親)はナイジェリア人で国籍は日本なのかを調査しました。

さらに、イヒネイツア選手には兄弟がいるそうなのですが、全員スポーツマンという情報がありました。

さすが家族全員、身体能力が高いようですね!

イヒネイツア選手の兄弟は全員スポーツマンということで、競技なども調査しました。

スポンサーリンク

イヒネイツアの父母(両親)はナイジェリア人で国籍は日本?

イヒネイツア選手の父母(両親)はナイジェリア人ということはわかっています。

愛知に楽しみな内野手が現れた。その名はイヒネ・イツア内野手(3年)。両親がナイジェリア人

高校野球ドットコム

イヒネイツア選手の父母(両親)それぞれについて調査しました。

また、イヒネイツア選手の国籍は日本なのかどうかも見ていきましょう!

イヒネイツアの父はどんな人?

イヒネイツア選手の父親は、ジョセフさんという方です。

顔画像、野球経験があるかどうかなどはわかりませんでしたが、若い頃足が速かったそうです。

イヒネイツア選手の俊足は父親のジョセフさん譲りですね。

 

また、イヒネイツア選手の父親の職業はエンジニアという情報がありました。

ただ、こちらについては情報の出所が不明のため、信憑性には欠けます。

イヒネイツア選手の父親については、引き続き調査していきます。

イヒネイツアの母はどんな人?

イヒネイツア選手の母親は、テレサさんという方です。

顔画像などはわかりませんでした。

 

しかし、こちらも情報の出所が不明のため信憑性には欠けますが、イヒネイツア選手の母親は、食品製造の仕事をしているという情報がありました。

イヒネイツア選手の母親についても引き続き調査していきます。

 

イヒネイツア選手の母親がフルタイムで働いていたとすれば、イヒネイツア選手の高校野球生活や食生活を支えながらになるので、とても大変だったことが予想できます。

イヒネイツア選手がプロ野球選手になれたのは、野球に集中できる環境を作ってくれた母親の存在が大きい気がしますね!

イヒネイツア選手の父母(両親)については、今後メディアに出てくる可能性が高いので注目していきたいと思います。

イヒネイツアの国籍は日本?

イヒネイツア選手は生まれも育ちも日本ですが、父母(両親)がナイジェリア人なのでイヒネイツア選手も純ナイジェリア人となり、国籍はナイジェリアになります。

国籍について、日本は血統主義を選択しているので、父母(両親)がともに外国人の場合、日本で出生したとしても原則、日本国籍を取得できません。

両親が2人とも外国人であることが明らかな場合、子どもの出生届を出すことで日本国籍を取得することはできません。

ムラタ事務所

このことから、イヒネイツア選手の国籍はナイジェリアということになります。

 

ちなみに、日本は血統主義の中でも「父母両系血統主義」を採用しています。

これは、「父または母いずれかがその口の国籍であれば、子どももその国籍を取得する」という考えです。

ですので、父母(両親)どちらかが日本国籍の場合、子どもも日本国籍を取得できるということですね。

イヒネイツアの兄弟もスポーツマン!

イヒネイツア選手には、姉1人、兄2人がいるため、イヒネイツア選手は4兄弟の末っ子です。

イヒネイツア選手の姉は陸上、長兄はバレーボール、次兄は野球と、兄弟全員スポーツマンです!

残念ながら、イヒネイツア選手の兄弟の画像などはわかりませんでした。

しかし、イヒネイツア選手含め兄弟全員、身体能力は高そうですね!

イヒネイツアの野球経歴やプロフィールを紹介

イヒネイツア選手の野球経歴やプロフィールを紹介していきます。

イヒネイツアの野球経歴

イヒネイツア選手は元々はサッカーをやっていたそうですが、友達に誘われたのがきっかけで野球に出会ったようです。

「やってみたら面白いと思ったので、じゃあやってみようと」ということで、少年軟式野球の瑞穂イーグルスで小学校3年生から野球を始めました。

 

中学では、全国大会常連の強豪である軟式クラブチーム・東山クラブに所属していました。

イヒネイツア選手は中学時点では、「実力がなくて、たまに代打かスタメンで出るくらい」の存在でした。

しかし、誉高校の矢幡真也監督は、中学時代のイヒネイツア選手を見てこのように感じていたようです。

「走っているさまを見て、『面白いかもしれないな』と思いました。中学の監督もポテンシャルは認めていて、『もしかすると、もしかするかも』とおっしゃっていましたね」

Timely!WEB

 

そして、イヒネイツア選手は「高校を選べる実力なんてない」と思い、最初に声を掛けられた誉高校に進学することを決めます。

イヒネイツア選手、ショートとしてプロ入りを果たしましたが、高校入学当初はセンター、続いてピッチャーで起用されていました。

投手としては140キロの球速をマークしていたが、フィールディングなど細かい技術に難があったことから外野での起用が多かったようです。

 

しかし、高校2年の6月に、イヒネイツア選手にとって転機が訪れます!

「ショートのレギュラーがケガをして、イヒネに『やってみろ』と守らせてみたんです。付け焼刃だった昨夏は素人でしたけど、だんだんショートらしくなってきてハマった感じがあります。プロで専門的な指導を受けたら、エチェバリア(ロッテ)みたいになるかもしれません」

Timely!WEB

これにはとても驚きました!

イヒネイツア選手が本格的にショートを始めたのは高校2年生、ショートを守るようになって1年と少しなのにも関わらず、ソフトバンクのドラフト1位指名されたんですね!

高校2年の6月にショートを守る転機が訪れなければ、もしかするとプロ野球選手になれてなかったかもしれません。

 

ただやはり、もちろんですがイヒネイツア選手の努力の結果もあります。

この動画だけでも、イヒネイツア選手が驚きのスピードで成長していたことがわかります。

 

そんなイヒネイツア選手は、高校通算16本塁打、50メートル走6秒2と突出した数字はありません。

しかし、誉高校で実施している遺伝子検査によると、

  • 肉体は速筋優位で瞬発力が高く、持久力が低い
  • 筋肉や強さがあり柔軟性もある

という結果が出ているそうです。

誉高校の矢幡監督によると、「4~5年後にプロのレギュラークラスになっている期待感がある」とのことです。

イヒネイツア選手がすぐに活躍できる可能性は低いかもしれませんが、ソフトバンクは選手の育成に長けていますし、ショートには今宮選手という最高のお手本がいますので、数年後の活躍が楽しみですね!

イヒネイツアのプロフィール

  • 名前:イヒネ・イツア
  • 生年月日:2004年9月2日
  • 年齢:18歳(2022年10月時点)
  • 身長:184cm
  • 体重:85kg
  • 出身地:愛知県名古屋市瑞穂区
  • 小学校:名古屋市立中根小学校
  • 中学校:名古屋市立萩山中学校
  • 高校:誉高校
  • 憧れの選手:柳田悠岐選手(現ソフトバンク)
  • 対戦したい選手:山本由伸投手(現オリックス)
  • プレーの強み:走攻守全て(肩の強さ、足の速さ、バッティング
  • お気に入りの曲:Saucy Dog、あいみょん、米津玄師など
  • 好きな有名人:影井ひな

 

イヒネイツア選手が最終的にプロ野球選手として目指すところは、

誰もが知っている選手で、今までにはないプロ野球選手。

サンスポ

具体的に言うと、守備もうまくて、肩も強くて、足も速くて、ホームランも打てて、打率もあってという選手とのことです。

これら全てが揃った選手になったイヒネイツア選手を見られる日が楽しみですね!

まとめ

イヒネイツア選手の父母(両親)や国籍、兄弟について調査しました。

公言通り、ソフトバンクがドラフト1位指名しましたので、プロ野球選手としてのイヒネイツア選手の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク
野球
ハルログ

コメント