盈進高校野球部佐藤康彦監督の経歴や年収は?甲子園出場経験も調査!

野球
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

広島県の盈進高校野球部が夏の甲子園出場を果たしました!

盈進高校を48年ぶりの夏の甲子園に導いたのは、佐藤康彦監督です。

盈進高校野球部の佐藤康彦監督は、脱サラして野球部の監督になったとのことなので、経歴や年収が気になります。

特に、佐藤康彦監督のサラリーマン時代と監督時代の年収の差が気になります。

そこで、盈進高校野球部佐藤康彦監督の経歴や年収を調べてみました。

また、盈進高校野球部の佐藤康彦監督は、甲子園出場経験があるのでしょうか?

もし、甲子園出場経験があるなら、夏の甲子園2022への出場は、感慨深いものがありそうですね。

そこで、盈進高校野球部佐藤康彦監督の甲子園出場経験も調べてみました。

 

盈進高校野球部メンバー甲子園2022についてもまとめていますので、甲子園での試合前や試合中にぜひチェックしてください!

盈進高校野球部メンバー甲子園2022の出身中学や注目選手を紹介!大会成績も!

盈進高校の初戦は、山形県の鶴岡東高校となりましたので、鶴岡東高校野球部メンバーについてもまとめてみました。

鶴岡東高校野球部メンバー甲子園2022の出身中学や注目選手を紹介!大会成績も!

2022年夏の甲子園優勝候補8校=ベスト8を予想してみました。

2022年夏の甲子園優勝候補8校まとめ!大本命は大阪桐蔭で智辯和歌山も注目!

スポンサーリンク

盈進高校野球部佐藤康彦監督の経歴や年収は?

盈進高校野球部佐藤康彦監督の経歴や年収をまとめてみました!

脱サラして野球部監督に!

盈進高校野球部を48年ぶり3回目となる夏の甲子園2022出場に導いた佐藤康彦監督の経歴をまとめてみました。

概要
1993年3月盈進高校 卒業
1997年3月創価大学 卒業
1997年4月王子製紙 入社
2004年第75回都市対抗野球大会 全国制覇
野球引退後、王子製紙で営業部に所属
2013年ボランティアコーチとして盈進高校のバッテリー指導を開始
2016年8月盈進高校野球部の監督に就任
2022年広島県大会制覇

佐藤康彦監督は、盈進高校卒業なんです!

佐藤康彦監督は、盈進高校野球部のOBということなので、夏の甲子園2022への出場は、とても嬉しいでしょうね。

 

そして、佐藤康彦監督は、過去にサラリーマンとして王子製紙で働いていました。

2013年に盈進高校の当時の野球部監督・正田靖人氏に誘われ、盈進高校野球部のボランティアコーチを始められました。

しばらくは、王子製紙の営業部に所属しながら、野球部の指導を行っていましたが、その後同社を退社し、盈進高校に事務職員として採用されました。

 

佐藤康彦監督は、順風満帆なサラリーマン生活から脱サラし、盈進高校野球部の監督になりますが、その時の気持ちは、

「盈進OBとして社会人まで経験した自分にしかできないことがあると思った」

gooニュース

ということです。

たしかに、社会人野球として都市対抗野球大会全国制覇を経験し、その後、営業職も経験している佐藤康彦監督にしかできないことがありそうですよね。

 

そして、佐藤康彦監督は、選手たちに以下のように伝えました。

「新しい歴史をつくろう。今の野球が盈進野球だ」

gooニュース

この言葉通り、48年ぶり夏の甲子園出場という新しい歴史を1つ作りました。

ぜひ、夏の甲子園初優勝という、新たな歴史をもう1つ作ってほしいですね!

佐藤康彦監督の采配にも大注目です。

 

社高校野球部の山本巧監督も、同じように民間勤務を経て野球部監督に就任するという異色の経歴をお持ちです!

社高校野球部山本巧監督の経歴や高校時代を調査!指導方法やチーム作りの変革も!

社高校野球部は、大会第4日の8月9日(火)第4試合に登場しますので、ぜひチェックしてみてください!

年収はサラリーマン時代の方が高い!

盈進高校野球部佐藤康彦監督の王子製紙時代の年収と盈進高校の事務職員となってからの年収をしらべてみました。

ただ、正確な年収はわかりませんので、あくまでも調べた結果の平均値になります。

この数字だけ見ると、サラリーマン時代の方が、100万円ほど年収が高いです。

 

佐藤康彦監督が王子製紙に所属していたのは20代の頃だと思われるので、退職時は月額40万円くらいはもらっていたかもしれません。

もちろん、佐藤康彦監督が王子製紙に所属していた頃とは年収に違いがあるかもしれませんので、もしかすると、もっと多くもらっていたかもしれませんね。

 

そして、盈進高校事務職の年収はわかりませんでしたが、私立高校の事務職員の年収を調べたところ、平均534万円ほどのようです。

また、佐藤康彦監督は、盈進高校事務職員と野球部監督の兼任ですので、別途手当てなどは発生しません。

ちなみに、野球部監督を専任として雇う場合、契約時の金額は数百万だと思われますが、一説によると年収一千万円という噂もあるそうです。

甲子園での結果を出している監督だと、野球部監督だけで年収一千万円ももらえるのかもしれませんね。

盈進高校野球部佐藤康彦監督の甲子園出場経験も調査!

盈進高校野球部佐藤康彦監督の甲子園出場経験は、ありませんでした。

先程紹介したように、佐藤康彦監督は、盈進高校野球部出身です。

 

佐藤康彦監督が、盈進高校野球部に所属していたのは、1990年~1993年だと思われます。

2022年から数えると、佐藤康彦監督が高校球児だったのは、約30年前!

盈進高校野球部は、48年ぶりの夏の甲子園出場になりますので、佐藤康彦監督は夏の甲子園への出場経験がないことがわかります。

 

ちなみに、盈進高校野球部は、センバツ高校野球への出場経験はありません。

ですので、佐藤康彦監督は、春夏合わせて甲子園出場経験はありません。

監督として夏の甲子園のグラウンドに立てるのは、元高校球児としてはとても嬉しいことですね!

まとめ

盈進高校野球部佐藤康彦監督の経歴や年収、甲子園出場経験をまとめてみました!

佐藤康彦監督に、甲子園出場経験はないようですが、監督として甲子園に行けるのはとても喜ばしいことですね!

ぜひ、佐藤康彦監督の采配にも注目してみてください。

スポンサーリンク
野球
ハルログ

コメント